×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

さまざまな用途の「マイスペース」

「マイスペース」という言葉に初めて出会ったとき、なんのことだかピンとくるかたはどれだけいることでしょうか。
私の「マイスペース」という言葉に出会ったときのイメージは、趣味や娯楽のために使う、自分だけの書斎や趣味の部屋・スペースというものでした。
そこでさっそく調べてみることに。フムフム。
どうやら、私の考えとは違っていたようです。
マイスペースとは、貸し会議室になったり音楽のスタジオとして使われたりする、自由な使い方ができる部屋のようです。
ほかにも、インターネット上のサイトで「マイスペース」という名称をしたものも存在するようですね。こちらは、もっと深く理解していきたいと思います。
マイスペースという会社が運営しているコミュニティ・サイトらしいですが、この表現だけですべてを説明するのは困難です。
まだまだ勉強が必要のように思います。

初めて出席した会議

「マイスペース」という言葉をご存じでしょうか。
マイスペースとは、自由な使い方のできる部屋のようなものだと思います。
契約してお金を支払い、会議室として使われることもあるようですね。
私は以前関東地方でサラリーマンをしていたとき、会社の会議に出席したことがあります。マイスペースを利用したわけではありませんが。
会議の内容は、今でも鮮明に覚えております。私は当時新入社員だったのに、上司に目をかけられていたため、いろいろな地域の支店長や部長・社長と一緒の会議になったものです。
新入社員としてやる気十分であり、非常に元気だったため、会議がひととおり終わったあとの質疑応答は積極的に発言したものです。
私の先輩も一緒の会議に出席していたのですが、私の発言ぶりにかなりビックリしていたようです。
私にとって、マイスペースでの会議が将来行われる日はくるのでしょうか。望み薄かもしれませんが、街どおしいです。

スポンサード リンク

マイスペースの、音楽のスタジオという使い方

マイスペースとは、自由に使うことのできる空間のようです。
音楽を演奏するためのスタジオとして利用しているかたもいらっしゃるようですね。
そうなると、防音対策も必要になってくると思います。
壁に小さなくぼみをたくさんつけて、騒音を吸収するといった配慮も必要になってくるのかもしれません。
マイスペースを音楽のためのスタジオとして利用する場合、たくさんの楽器を部屋の中に持ち込む手間も必要だと思います。
電源だって必要です。場合によりますが、インターネット接続環境だって必要かもしれません。
マイスペースというものは、いろいろ考えてみた結果、ただ部屋があればいいというだけではすまないようですね。
細かいところで、いろいろな設備が必要かもしれません。
音楽のスタジオとしてのマイスペースについて書いてみたところなのですが、楽器演奏をおもいっきりできる環境を整えるためにはけっこうな苦労がいるように感じてしまいました。

Copyright © 2008 マイスペースという空間のさまざまな利用方法